基礎編

7-2 カラーモードについて

更新日:

CMYKとRGB

Illustratorでデータを作成するにおいて大事なのがカラーモードです。CMYKカラーはC(シアン)・M(マゼンダ)・Y(イエロー)・K(ブラック)を意味しており、CMYを100%づつ足すと理論上は黒になるのですが、完全な黒が表現できない為、Kがあります。なぜKだけがブラックの頭文字ではないかと言うと、Kはキープレートの頭文字で、元々は 画像の輪郭など細部を表現するために用いられた印刷板の事を指します。CMYは色の三原色と呼ばれ、その3色で蛍光色や特色を除くほとんどの色を再現する事ができます。紙への印刷物はCMYKカラーで表現されています。

対し、RGBカラーはR(レッド)・G(グリーン)・B(ブルー)を意味しており、光の三原色と呼ばれ、TVやPCのモニターなどはRGBで表現されています。

RGBモードで作成したデータをCMYKモードに変換すると、色がくすんだり、暗くなったりしてしまうので、データ作成の際は、必ずCMYKカラーで作成しましょう。RGBモード・CMYKモードでの色再現比較差異ならびにイラストレーター上でのカラーモード変換方法は下記画像を参照ください。                            

関連記事  1-1 illustratorで名刺を作るメリット

オススメ記事

1

さあ、やってみよう! 前項でillustratorを使い始めるための基本的な設定を行いました。 本稿では早速名刺のデザインを作ってみましょう。最初は文字を配置するところからスタートします。 本項では、 ...

2

これから本稿を参考にillustratorの操作を覚えようとしたいただく際に、私たちがお見せする画面と皆さんの画面が違っていると、思うように操作ができない、ツールが見つけられないなどのデメリットが発生 ...

3

デザイン業務のデファクトスタンダード(業界標準)であるアドビ社が提供するPhotoShopやIllustratorを知っている方も多いのではないでしょうか。 Adobe Creative Cloudが ...

-基礎編

PAGE TOP

Copyright© イラレで名刺をつくろう , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.